ごあいさつ

理事長 吉川秀隆氏

2018年4月に、大阪府国際交流財団の理事長に就任した吉川 秀隆です。

近年、来阪外国人は飛躍的に増加し、在阪外国人においても滞在期間が長期化していることから、当財団では外国人の方々をサポートするため、多言語支援体制の整備に積極的に取り組んでいます。

さらに、東日本大震災や熊本地震のような災害発生時に、地震などの被災経験が少なく、 言葉の壁もある外国人の方をサポートするための、災害時の多言語による情報提供体制の整備を進めています。

事業の重点目標に、“多文化共生機能(地域における情報の多言語化等)の強化”を掲げ、2018年度より新たな 「OFIX中期経営計画」に基づく財団運営に取り組んでいます。

私は、当財団で初めて、民間企業の経営に携わる立場で理事長職を担うこととなりました。私が代表取締役会長兼社長を現任するタカラベルモント株式会社は、「美」と「健康」に関わる多彩な事業を世界各地で展開しており、“世界の人々が求める普遍の価値の達成”に向け、前進し続けています。また、社会貢献活動の一環として、災害時における様々な支援活動にも取り組んでいます。

当社の経営を通して培ったグローバルな見地や支援活動のスピリットを、公益財団法人の理事長として、大阪の多文化共生社会の実現に活かしてまいります。

当財団では、今後も在阪、来阪外国人の安全・安心をサポートする施策を中心に取り組み、大阪府のさらなる国際化に努めてまいります。

皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

公益財団法人 大阪府国際交流財団

理事長 吉川 秀隆

財団概要

法人名 公益財団法人 大阪府国際交流財団(Osaka Foundation of International Exchange)
代表理事 理事長 吉川 秀隆
法人所管課 大阪府府民文化部都市魅力創造局 国際課
設立年月日 平成元年1月25日
平成24年4月1日公益財団法人に移行
設立目的 大阪の国際化と府民の国際交流の促進を図り、国際都市・大阪の発展と国際親善に寄与することを目的に設立。
基本財産 2,329,176,510円
活動の3つの基本柱 ①グローバル人材の育成
多文化共生の実現に向けたグローバル人材を育成するために、外国人サポーターを小・中学校・高等学校等の国際理解教育授業へ派遣。

②外国人の受入促進、活動環境の整備
外国人への情報提供及び相談や、OFIX通訳・翻訳ボランティアの育成・派遣等、外国人への多言語支援事業を推進。
また災害時において、府内市町村や国際交流団体と連携し、多言語支情報提供体制の整備を推進。

③国際交流情報の収集・発信
国際交流情報の収集・発信を行い、府内関係機関とのネットワークの強化を図る。