帰化

【質問】 家族と共に日本に長く在留している外国人であるが、帰化を希望している。可能か。また相談窓口や手続きはどこですればよいのか。

【回答】
外国人は帰化により日本の国籍を取得しますが、そのための要件は国籍法により、次のように定められています。

<住所要件>引き続き5年以上日本に住所を有する。
<能力要件> 20歳以上で、かつ本国法で能力を持つこと。
<素行要件> 素行が善良であること。
<生計要件> 自己または生計を一にする配偶者やその他の親族の資産や技能により生計を営むことができること。
<喪失要件> 国籍を有していない、または日本の国籍の取得によりその国籍を失うべきこと。
<思想の関係> 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企てたり、そのような団体に加入しない。
(要件緩和) 日本人の配偶者等日本人と身分関係のある場合、日本で出生したなど日本と地縁のある申請者の帰化要件は緩和されています。
帰化が認められれば、新たに戸籍が作られます。 

帰化の相談、申請窓口は法務局となります。