国籍

【質問】 日本国籍を取得する場合とは。

【回答】
日本国籍を取得するのは「出生」による場合、「届出」による場合、「帰化」による場合があります。

<「出生」により日本国籍を取得>
①出生の時に父又は母が日本国民であるとき(日本人の母から生まれた子は分娩の事実により親子関係が発生しますが、日本人の父、外国人の母の場合、子どもが嫡出子であるか、または父が胎児認知をすることで親子関係が認められます。)
②出生前に父が死亡している場合には、父が死亡時に日本国民であったこと
③日本で生まれ,父母がともに不明のとき,又は無国籍のとき

<「届出」により日本国籍を取得>
①父又は母が認知した子で20歳未満のもの(日本国民であったものを除く。)は、認知した父又は母が子の出生の時に日本国民であった場合、その父又は母が現に日本国民であるとき、又はその死亡の時に日本国民であったときは、法務大臣に届け出ることによって、届出時点で日本の国籍を取得することができます。
②「国籍再取得」 国籍留保の届出を出生の日から3か月以内に行わないことで日本国籍を失った場合、その後日本国籍を再取得することができる場合があります。


<帰化により日本国籍を取得>
帰化の欄を参照。