婚姻の効果

【質問】 日本人と結婚した外国人の姓、国籍はどうなるのか。

【回答】
<国籍>婚姻により自動的に外国人配偶者の国籍は変化しません。
<姓>婚姻により姓を変更するか否かは、外国人配偶者の本国法に基づきます。①その国の法律が国際結婚の場合、どの国の法律により姓を決めるのか、そして、②その法律が婚姻後の姓をどのように扱うかにより決定されます。

【質問】 外国人と結婚した日本人の戸籍、姓、住民票、国籍はどうなるのか。

【回答】
<国籍>日本の国籍法によると、外国人と結婚したことにより、日本人が日本国籍を失うことはありません。しかし、日本人女性が外国人男性と結婚した場合、外国人男性の本国法により、その国籍を取得する場合もあります。自動的に取得するケースと申請により取得するケースがあり、自動的に取得した場合は一時的に二重国籍になります。また、申請により取得した場合、日本国籍を失う可能性があります。


<戸籍>外国人と結婚した日本人は、単独で新戸籍が作られます。 外国人との結婚は戸籍の身分事項欄に記載されます。


<住民票>日本人と外国人からなる世帯は同じ住民票に記載されます。


<姓>外国人との結婚の場合、原則日本人の姓は変わりません。相手の姓に変更を希望する場合は、婚姻の成立後6か月以内であれば市区町村の窓口で変更手続きができます。その期間が過ぎれば家庭裁判所に氏変更の申し立てをする必要があります。


詳しくは、法務省・民事局のHPをご覧ください。