婚姻の手続:海外で結婚する場合

【質問】 日本人が外国人と海外で結婚する手続について知りたい。

【回答】
相手国または、第3国で日本人と外国人が結婚する手続きとしては、次の2つの場合が考えられます。


<相手国・結婚する挙行地の方式> 相手国や、婚姻の挙行地国の方式で婚姻届を出します。その国の求める書類を両者が揃える必要があります。婚姻届を提出後、日本の役所へも報告するため、日本公館へ婚姻証明書を提出するか、または直接本籍地の市区町村へ送付します。この手続きは婚姻成立後3カ月以内に届けなければなりません。外国語で記載された婚姻証明書は日本語訳が必要です。
<日本の方式>直接本籍地の市区町村へ必要書類を郵送する方法です。必要書類は外国人が日本人と日本で婚姻する場合に要求される書類と同じになります。
<日本人の「婚姻要件具備証明書」>戸籍抄本をもとにして、住所地の法務局、外国にある日本の大使館や領事館等で発行することができます。
詳しくは、法務省・民事局のHPをご覧ください。