婚姻の手続:日本で結婚する場合

【質問】 日本人と外国人が日本国内で結婚をする手続きについて知りたい。

【回答】
<婚姻の方式>日本人と外国人が日本で結婚する場合は、住所地である日本の方式になります。日本人側は戸籍謄本、外国人側は本人の旅券、「婚姻要件具備証明書」等が必要です。出身国により、必要とされる書類が異なりますので、届出をする市区町村の窓口で問い合わせて下さい。

<婚姻の成立>日本で届けた結婚は日本では有効ですが、その婚姻が外国人の本国でも有効な結婚と認められるとは限りません。在日大使館、領事館等で確認して下さい。

<婚姻要件具備証明書>外国人が本国法で定めている婚姻の要件を満たしていることを本国の政府機関等が証明するものです。在日公館で発行することが一般的です。婚姻要件具備証明書等が外国語で書かれている場合日本語の翻訳を付けます。

【質問】 外国人同士が日本で結婚する場合の手続きについて知りたい。

【回答】
<日本の方式>外国人同士が結婚をする場合、結婚をする場所である日本の法律に従って、届出人の住所地にある市区町村の窓口に婚姻届を出すことができます。その場合、結婚する二人のそれぞれの「婚姻要件具備証明書」等を在日公館で入手し、翻訳を添付してください。この婚姻届が受理されれば日本の法律上婚姻が正式に成立したことになりますが、本国でも有効かどうかは、在日公館で問い合わせておいてください。
<本国の方式>外国人の共通する本国法、またはどちらか一方の本国法の定める方法で婚姻届を出すこともできます。国によっては、領事館で婚姻届を受け付けていないところもありますので、問い合わせてください。