雇用均等

【質問】職場でセクハラを受けている外国人労働者。日本人上司が性的な言葉を自分に投げかけるなどとても不愉快。どのように解決できるか。

【回答】
雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律 第11条では、事業主は職場において行われる性的な言動に対する労働者の対応によりその労働者がその労働条件につき、不利益を受けることと、性的な言動により労働者の就業環境が害されることのないように、雇用管理上必要な措置をしなければいけないとしています。セクハラを受けた労働者は事業主に善処を申し入れることができます。また組合等があれば、そちらの方へ相談するのもよいでしょう。大阪府総合労働事務所ではセクハラの専門相談電話があります。 (06-6946-2601 セクハラ相談専用電話)。