労働時間・残業

【質問】雇用契約では9時から5時までの勤務時間になっているが、実際には週に20時間ほど残業している。労働時間に関して、どのような法律があるのか。

【回答】
労働基準法では1週間に40時間、1日8時間の法定労働時間を定めています。しかし、業務の繁閑に応じて時間配分や休日の増加を図れる様に、就業規則や労使協定などにより一定の要件のもとで変形労働時間制が認められています。詳しくは、外国人労働者相談コーナーにお問合せください。