解雇・退職

【質問】ある日突然雇用主から仕事に来なくてよいと言われ、一方的に解雇された。どうすればよいか。

【回答】
解雇は自由に出来るものではなく、労働契約法では、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効」としています。また、雇用主が労働者を解雇する場合には、30日以上前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければならないとしています。事業所の所在地を管轄する労働基準監督署へ相談してください。 また大阪府総合労働事務所でも相談できます。

【質問】1年の契約で会社に雇用されたが一身上の都合で中途退職を申し出た所、契約違反ということで給与の一部を差し引かれて残額を清算された。納得できない。

【回答】
雇用契約で期間に定めがある場合は、やむを得ない理由がない限り、原則として中途退職ができません。よく事情を説明した上で雇用主の理解を求める必要があります。ただし、労働基準法では「労働契約の不履行について違約金を定めたり、また損害賠償額を予定する契約を締結してはいけない」と規定しています。ですから、そもそもの契約上に上記のような文言が含まれているのならその契約自体が違法になります。詳しくは、外国人労働者相談コーナーに相談ください。