外国人への労働関係法令の適用

【質問】勤めている会社で日本人の従業員と待遇が差別されている。このようなことは許されているのか。

【回答】
労働基準法第3条では「使用者は労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱いをしてはならない」と定めています。労働に関する相談は、大阪労働局のHPをご覧ください。