就労関連資格

【質問】語学教師として日本で働きたい。どのような手続きをとればいいか。

【回答】 雇用先により、申請する在留資格が異なります。

①    「教授」の在留資格 大学、これに準じる機関または、高等専門学校において、研究、研究の指導または教育をする活動

②    「教育」の在留資格 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、専修学校、各種学校又は設備及び編制に関してこれに準じる教育機関で語学教育その他の教育をする活動

③    「技術・人文知識・国際業務」の在留資格 企業等が経営する語学学校の教師、または企業等で社内教育の一環として行われる語学研修の講師などとして雇用される場合

各在留資格の申請手続きについては、入管のHPをご覧ください。

【質問】コックとして日本のレストランで働きたい。「技能」の在留資格を取得する要件は。

【回答】 「技能」の在留資格は、「本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動」となっています。産業上の特殊な分野とは、外国に特有の産業分野の他に技能者が日本において少数しか存在しない産業分野も含まれます。
詳しくは入管のHPをご覧ください。