高等教育

【質問】外国籍の子ども。来日したばかりで日本語ができない。公立高校へ入学できるか。日本人と同じ試験を受けるのか。 


【回答】 
公立高校へ入学するには一定の手続きが必要です。普通科の場合、日本人と同じ入学試験を課していますが、大阪府では日本語が苦手な受験生に対して「配慮」がなされています。大阪府教育委員会の公立高校受験上の「配慮」は対象生徒を原則、義務教育小学1年生以降に編入した生徒としています。「配慮」内容としては:

1)検査時間の延長
2)辞書の持ち込み
3)問題文のルビうち 

進路に関する情報は「多言語による学校生活サポート情報」のHPで見られます。多言語での進路ガイダンスを年に何度か行っていますので利用してください。

日本語が全くできないのであれば、まず日本語学校に通って日本語能力をつけることもできます。

【質問】外国人の子どもの特別枠が設けられている高校はあるか。
 

【回答】
大阪府内には中国等帰国生徒及び外国人生徒入学選抜をおこなっている学校があります。志願できる人は中国等から帰国した者または外国籍を有する者で、原則として小学校4学年以上の学年に編入学した者としています。

詳しくは、大阪府教育委員会高等学校課のHPをご覧ください。

【質問】奨学金制度はあるか。申し込みはどうすればよいか。

【回答】
大学、短期大学及び専修学校(専門課程)への進学に利用できる奨学金、高校や専修学校(高等課程)への進学に利用できる奨学金に関する情報は、大阪府教育委員会のHPを参照してください。進学先の学校によっては、学校独自の奨学金等制度があります。