義務教育

【質問】小学校5年生の子どもが来日し、一緒に住む予定。学校の選択肢にはどのようなものがあるか。

【回答】
外国籍の子どもの学校の選択肢として、公立学校、私立学校、インターナショナルスクールや民族学校などの外国人学校があります。

<公立学校への編入>を希望される場合は、住民登録を行った市町村の教育委員会の学事課で、相談をし、「就学案内」及び「編入学許可書」をもらいます。 その後、指定された日に学校へ直接行きます。

<私立学校への編入>を希望される場合は、学校により受け入れが違いますので、希望する学校へ直接問い合わせることになります。

<外国人学校>は英語、母語などで授業が行われている学校です。学校法人化されているものもあれば、無認可の学校もあります。各種学校として分類されている場合が多いようです。編入を希望する場合、受け入れ枠があるか否か各学校に問い合わせてください

【質問】日本語が全くできない子どもが、本国の中学校からこの度、日本の公立中学校に編入することになった。サポート制度はあるか。

【回答】
大阪府内の小中学校では、日本語指導を一般教員が行い、場合により通訳や教育サポーターが派遣されます。保護者が学校での懇談などで、言葉が通じない場合も、通訳を依頼できることがあります。詳しくは、通学している学校の先生にお尋ねください。多言語による学校生活サポート情報を参考にしてください。