警察関係

【質問】外国人の夫が傷害で警察に逮捕された。面会にいけるか。またこれからの取り調べはどのようになるのか。

【回答】
逮捕されると、最大72時間警察で身体を拘束されます。勾留が決まれば、最大20日間勾留され、その間に検察官は起訴するか否かを決定します。その間、警察官及び、検察官により取り調べが行われ、供述調書が作成されます。正式な起訴が決定されると、裁判が始まるまで原則勾留されます。この期間は、接見禁止にならなければ、弁護士以外の人も、面会ができますが、立会人や、時間制限がもうけられることがあります。

<当番弁護士制度>無料で、1回限り、弁護士を派遣してくれます。逮捕後の流れや、被疑者の権利、家族への連絡なども依頼できます。家族、知り合い、本人などが当番弁護士を依頼することができます。大阪弁護士会・当番弁護士連絡先 06-6363-0080

【質問】カナダへ移住するために無犯罪証明書が必要といわれた。どこで入手できるのか。

【回答】
「渡航証明」または「犯罪経歴証明書」と呼ばれていますが、大阪府内に住民登録している場合や、日本での最終登録が大阪府内であれば、大阪府警本部鑑識課海外渡航担当係(06-6943-1234)で申請ができます。手数料無料。証明書の発給を必要としている事実が確認できる書類(公的な機関が要求しているもの)や旅券などが必要になりますが、必ず前もって確認してください。 大阪府警鑑識課