disa NPO・ボランティア|外国人の受入促進 活動環境の整備|公益財団法人大阪府国際交流財団


災害時通訳・翻訳ボランティア募集!

大規模災害の被災地等に設置される支援拠点施設等で通訳や翻訳(自宅等で対応する遠隔通訳・翻訳を含む)の活動をしていただくボランティアを募集します。


詳細は要綱をご確認ください。災害時通訳・翻訳ボランティア登録制度運用要綱

災害時通訳・翻訳ボランティア登録者数はこちら(平成30年3月現在)

またボランティア研修には、下記のテキストを使用します。
在住外国人の方や、市町村窓口ご担当の方も参考にしてください。

新しく越日版(ベトナム語と日本語の併記)と、比日版(フィリピン語と日本語の併記)を作成しました。
「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド 越日版」平成29年度版
[PDFファイル/3MB]
「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド 比日版」平成29年度版
[PDFファイル/3MB]

英日版、中日版、韓日版を平成29年度版に改訂しました。
「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド 英日版」平成29年度版
[PDFファイル/3MB]
「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド 中日版」平成29年度版
[PDFファイル/3MB]
「災害時通訳・翻訳ボランティアなるほどガイド 韓日版」平成29年度版
[PDFファイル/3MB]



●活動内容、特徴
  1. ボランティアの募集・運営は近畿2府3県3政令指定都市で構成する近畿地域国際化協会連絡協議会が進めている「災害時外国人支援ネットワーク」での取り組みに基づいて実施します。
  2. 地震などの大規模災害に見舞われた被災地(基本的には近畿圏内を想定)に設置される多言語支援センターなどの支援拠点施設等で通訳や翻訳(自宅等で対応する遠隔通訳・翻訳を含む)の活動をしていただきます。
  3. 近畿圏外の大規模災害時にも、近畿地域国際化協会連絡協議会からの支援要請を受けた場合、活動協力をいただきます。
  4. 派遣に必要なボランティア保険や交通費は、別に定める基準に基づいて派遣元協会が費用を支出しますが、活動に対する謝礼や報酬は支払われません。
  5. 年1回程度、ボランティアとしてのスキルアップをするために開催する研修会へ参加していただきます。
●応募要件
  1. 日本語と外国語でのコミュニケーションが可能な方
    ※未成年の方は、保護者の方の承諾をとってください。
    ※語学能力等の理由で登録をいただけない場合があります。
  2. 災害時に被災地や自宅等での活動を承諾いただける方(その都度活動の可否をお伺いします)
  3. 年1回開催予定の研修会に出席いただける方。
  4. 通訳・翻訳以外でも支援拠点施設での活動に積極的に協力できる方
●応募方法

申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、Eメールで送付または郵送してください。※FAX不可

申込用紙ダウンロード(ワード) (PDF)

※災害時以外の活動をご希望の方はこちら


【お申込み・お問合せ先】
(公財)大阪府国際交流財団(OFIX) 企画推進課
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか5階
TEL:06-6966-2400 FAX:06-6966-2401 E-mail:info@ofix.or.jp